自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

“人工木陰”で都市冷やせ 幾何学模様の日よけ開発 京大教授 

 樹木の構造に似た、綿密に計算された幾何学デザインで“人工木陰”をつくる日よけを、京大の酒井敏教授(地球流体力学)が開発、試作品を東京の大型商業施設の屋外広場に設置した。ヒートアイランド現象を抑える効果があるという。過去の実験で、地表面の温度を約15度下げる効果を確認。樹脂加工メーカーが製品化を目指している。 MSN産経ニュース 2010-09-11