自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

「玉虫色」決着の被害補償ルール 組み換え生物、米国の影も

 名古屋市でのカルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)は閉幕前日の14日、遺伝子組み換え生物の被害補償ルールを定めた「名古屋・クアラルンプール補足議定書」の採択に向け最後の作業を進めた。【共同通信】2010/10/14