自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

自然の境界 野生クマへの餌やりは保護か

【ボーダー その線を越える時】(9)
 「クマの生息地を壊し続けてきた人間側としては、クマに食料を提供しなければならない」。自然保護団体・日本熊森協会(兵庫、会長・森山まり子)はこう訴え続けている。
 クマが人里に大量出没した平成22年。環境省によると、同年4月から11月末までに捕殺されたクマは実に3419頭。餌となるドングリの不作が、出没の大きな原因といわれている。MSN産経ニュース2011.1.10