自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

いのちの森づくり:愛知・豊橋で植樹祭

 愛知県豊橋市の石巻山で10日、穂の国「いのちの森づくり」植樹祭が開かれ、世界的な植樹活動で知られる宮脇昭・横浜国立大名誉教授(植物生態学)の指導で、約500人がタブノキやスダジイ、アラカシなど18種6000本を植樹した。

 皆川芳嗣・林野庁長官や大村秀章愛知県知事、佐原光一豊橋市長、鈴木克昌副総務相らが参加した。皆川長官は「東日本大震災の被災地に思いをはせ、元気良く、木を植えられたら」とあいさつ。大村知事は植樹後、「達成感でいっぱい」と話した。毎日新聞(web版)2011-07-11