自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

クマの餌のドングリ 県が初調査

 県北でのツキノワグマの出没が昨秋相次いだのを受け、県は餌になるドングリ類の生育状況調査を初めて実施した。結果によると、ブナ、ミズナラ、コナラはいずれも豊作か平年並み。県は「昨年よりクマ出没は減る」と予測するが、今年も捕獲・目撃情報は寄せられており、警戒を呼び掛けている。山陽新聞 2011-09-22