自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

〜京都議定書時代は延長というより終焉〜

COP17の正確な理解
 2011年12月11日、南アフリカのダーバンで行われていたCOP17(第17回国連気候変動枠組み条約締約国会議)で、温暖化交渉の時代を画する合意がまとまった。京都議定書の延長が決まったと大きく報道されたが、実は合意の最大の意義はその逆で、京都議定書はその役割を終え、新しい時代に入ったことにある。WegeInfinity.,2011年12月13日