自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

ヒトの頭髪を担体とした炭酸ガス固定化方法とその再利用方法。

出願番号 : 特許出願2010−122050 出願日 : 2010年4月16日
公開番号 : 特許公開2011−224532 公開日 : 2011年11月10日
出願人 : 永崎 央明 外3名 発明者 : 永崎 央明 外3名

【課題】大気などの炭酸ガス含有気体中の炭酸ガスを、大規模な設備投資も全く必要なく、直ちに実行することが可能であり効果が期待出来る炭酸ガス固定化方法、さらには焼却や埋め立てなどの廃棄処分をしない新しい回収システムにより、炭酸ガスを固定化した担体を有効な機能性材料として再利用が可能な方策を提供する。
【解決手段】生体組織であるヒトの頭髪を担体として用いて、頭髪に予め用意された炭酸ガス吸着能を持つ層状化合物と層間物質としてのタンパク質とによってなる層間化合物により構成された炭酸ガス吸着剤あるいは該吸着剤を含有する毛髪処理剤によって、大気などの炭酸ガス含有気体中の炭酸ガスをヒトの頭髪の毛幹細胞間に固定化し、その頭髪を生体由来の機能性材料とする。明細書pdf >> かんたん特許検索