自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

山林のセシウムどこへ 雪解け水下流域に不安

 東京電力福島第一原発事故で周辺の山や森に降った放射性セシウムが、春の雪解け水とともに河川に流れ込み沿岸の田畑を汚染しないか心配されている。農林水産省は福島、茨城両県の計七市町村の河川の水を採取し、森林からセシウムがどう移動するのかを調べている。同省が十三日に公開した福島県広野町の調査地点を取材した。東京新聞(online) 2012年4月15日