自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

自然再生に「40年目の壁」!? 

湖沼の水生植物の多様性と再生可能性の変化陸水チームより(2012年5月)

水生植物*1は、水中という多くの維管束植物には生育しにくい環境に適応し、特殊な形態や繁殖様式を進化させた、生物学的にとても興味深い植物です。湖の生態系では、様々な動物にエサや住み場所を提供し、生物多様性全体を支える役割を担っています。さらに、漁業資源となる魚類やエビなどの増殖や、アオコ発生の抑制など、人間に対して直接プラスに働く役割を果たしているものも多く存在します。しかし水辺の開発や水質の悪化の影響を強く受け、現在では日本に分布する水生植物の約半数が、絶滅が危惧される植物としてレッドリスト*2に掲載されているのが現状です*3。
http://s9.conservationecology.asia/outcome/theme4_201205