自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

都心部の「ヒートアイランド」、節電で緩和

 東京電力福島第一原子力発電所事故を契機とした昨年夏の節電で、都市部が郊外より高温になる「ヒートアイランド」が緩和されたとみられることが、三上岳彦・帝京大教授(気候学)らの調査でわかった。

 東京都心と関東郊外の気温差が2010年と比べ最大0・67度縮まった。茨城県つくば市で26日に始まる日本気象学会で発表する。

 三上教授らは6年前から関東の約200か所で気温を測定。10年7月と11年7月に最低気温26度以上だった都心4地点と、同23・5度以下の郊外10地点を選び、10、11年を比べてヒートアイランドの影響を調べた。読売新聞(web版)2012-05-17