自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

「リオ+20」 地球救う責任は新興国に

 ブラジルのリオデジャネイロで開かれていた「国連持続可能な開発会議」(リオ+20)は、3日間の日程を終え、成果文書「われわれの望む未来」を採択して22日、閉幕した。

 これから10年間の世界の在り方を示したビジョンは、持続可能な開発や、環境と成長を両立させるグリーン経済の実現などをうたっている。これは全世界が目指すべき理想であろう。MSN産経ニュース2012.6.25