自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

ヒメイワダレソウ愛らしく 坂井

 坂井市春江町随応寺(ずいおうじ)の通学路沿いで、ヒメイワダレソウが、白く愛らしい花を咲かせている=写真。
 ヒメイワダレソウはクマツヅラ科の花で、雑草予防などに役立つとされる。同市の春江中部まちづくり協議会が、花いっぱい運動として、二〇〇八年から植栽を始めた。帯状に広がる「花のじゅうたん」の総延長は約五百メートル。広い場所では幅七〜八メートルにわたって咲いている。この時期、かれんな花が次々と開き、一帯はさわやかな香りに包まれている。中日新聞(Web版)2012年6月29日