読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

絶滅寸前、すくわれた鳥 自然と人間考えさせる

 ガンの一種、シジュウカラガンは絶滅(ぜつめつ) 寸前(すんぜん)になったことがある。江戸時代、仙台あたりで狩(か)りをすると、とれたガンのうち7、8 割はシジュウカラガンだったという記録もある。それほど多かったのに、なぜ?
http://www.47news.jp/feature/47school/ikimono/post_425.html