自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

微生物で温暖化ガス半減=ダイズ菌、土壌内でN2O吸収−東北大

 温室効果ガスの一酸化二窒素(N2O)は、ダイズの根に住む「根粒菌」に土壌で吸収され、大気への発散が半分程度に抑えられることを、東北大大学院生命科学研究科の南沢究教授らの研究チームが突き止めた。研究成果は11日付の英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジ電子版に発表された。
 南沢教授によると、微生物を利用したN2O削減方法が証明されたのは初めて。他のマメ科の植物にも応用可能という。時事ドットコム.,2012/11/13