読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

植物を食べる昆虫の性質は、周辺昆虫種の組成に依存して進化してきた -北大

北海道大学(北大)は、自然界の種の多様さと関わり合いの複雑さが種の進化にどのように作用するのかを調査するため、ヤナギを食べる多様な昆虫種を国内とフィンランドのさまざまな地域で調査した結果、地域ごとに異なる昆虫種の組成が、それらの昆虫種と同じヤナギを食べるヤナギルリハムシの”味の好み”を地域ごとに多様に進化させていることを確認し、昆虫種が、その組成に依存して、植物の被食応答を介して特異な植物の状態を作り出し、それが昆虫の性質の多様化を促進することを明らかにしたと発表した。マイナビニュース2012年12月27日