自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

コカイン、違法薬物と環境・資源問題

ナショナルジオグラフィック ニュース
 北米やヨーロッパのコカイン市場が南米コロンビアやペルー、ボリビアの熱帯雨林破壊に拍車をかけている。研究者や議員、環境保護活動家が数十年にわたり警告を続けてきたが、国連薬物犯罪事務所(UNODC)によると、2010年にはコロンビアだけで6万2000ヘクタールがコカ栽培に利用されたと推定されている。[http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011083003&expand#title:title=National Geographic News
August 30, 2011]