読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

WAVE 12万年前、8度も温暖 グリーンランドの氷床分析

 北極圏のグリーンランド北部の気温は12万6千年前には今より8度も高かったことが、同地域の氷床の分析で分かった。国立極地研究所などが参加する国際チームが発表した。「最終間氷期」と呼ばれる13万〜11万5千年前の気候を氷床から探る研究の成果。当時は現在より温暖だったとされるが、これまでデータが不十分だった。将来の地球温暖化予測に役立つという。地球では、過去200万年以上にわたって寒い氷期と暖かい間氷期が繰り返されてきた。チームはグリーンランド北部で厚さが約2500メートルある氷床を円柱状にくりぬいて採取。内部の空気の量や成分などから、最終間氷期の気候を推計した。MSN産経ニュース 2013.1.28