読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と環境 

バイオ塾情報創庫DB

トリチウム含む汚染水 海洋放出が最安で最短の評価結果

 

東京電力福島第一原子力発電所の敷地内のタンクに大量にたまり続けている、トリチウムと呼ばれる放射性物質を含む汚染水について、国の専門家チームは、基準以下に薄めて海に放出する方法が、最もコストが安く最短で処分できるとする評価結果をまとめました。国は、放出による地元への影響も考慮したうえで、今後処分方法を決めたいとしています。NHK ニュースweb,2017年4月19日